記事一覧

私的偏愛フラットシューズ発見 日本初上陸のパリ発「シャテル」

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpgアップロードファイル 12-3.jpg

2019年春夏の展示会を回っている中で、エレガントで素敵なデザイン、そして履いていて快適なフラットシューズに出合いました。パリ発のシューズブランド「シャテル(CHATELLES)」です。

サードカルチャーが代理店として2019年春夏から日本でも発売することになった「シャテル」は、12年に銀行マンだったフランソワ・ドゥ・シャステル(Francois du Chastel)がスタートしたブランド。設立のきっかけは、恋する彼女のために特別なプレゼントを贈ろうと自分でデザインしたシューズを作ったことから。「もはや長い間、君と離れていることはできない」というヴィクトル・ユゴー(Victor Hugo)の詩をシューズの内側に刻んで贈ったという、なんともパリジャンらしいロマンチックなストーリーです。でも彼女はそのシューズと共に去ってしまったそうです(涙)。

なんとも切ない話ですが、フランソワはこのシューズ作りをきっかけにブランドを立ち上げるのです。その「シャテル」には魅力がたくさん詰まっています。まずはなんといってもその履き心地。毎日ヒールを履くのはしんどいからフラットシューズを選んでみたけれど、底が薄くてかえって痛く感じてしまったということはありませんか?足の専門家と一緒に作ったという「シャテル」のヒールは1.4センチ、衝撃を吸収するメモリーフォームを内蔵したインソールは3層になっていて9ミリの厚みがあり、合わせて2.3センチの厚みによって膝、腰、首の負担を軽減するため、パリの石畳でも長く歩けます。実際に履いてみるとその軽さとフィット感は抜群です。

さらに豊富なカラーパレットに加え、ヒョウ柄や本物のエイ革に見えるスエード素材など、ロマンチックでエレガントなデザインも魅力。6型あるうち日本ではベーシックな“フランソワ”、先のとがった“ポインティ”、“ソフト”、“スリッポン”、“ミュール”の5型を展開。本国ではメンズとキッズもあるそうです。遊び心のあるデザインでありながら、外反母趾用のワイドタイプも用意しているのがうれしいところ。また、カラーや素材を選べる75種類のタッセルを用意し、組み合わせ次第で自分だけのシューズとなる、カスタマイゼーションもできるのがポイント。例えば、名前のイニシャルをエンブロイダリーで付けるといったカスタマイズもできるそうです。

さらに、ソールはネオライトと呼ばれるウォータープルーフのリサイクルラバーを使用し、リサイクルペーパー製のシューズボックスにするなど、環境にも配慮しています。パリでデザインし、イタリアの素材を使ってポルトガルで生産。価格はベーシックなタイプの3万3000円から、エンブロイダリーは7万6000円。パリには路面店がるのでパリを訪れる際には訪ねてみようと思います。

2月末か3月頭の伊勢丹新宿本店でのポップアップを皮切りに日本での展開をスタートするそうです。毎日忙しく動き回る女性に履き心地の良いシューズを、そして見た目もエレガントでかわいらしいデザインを――。パリジャンの女性への愛を感じるシューズです。

スポーツ好き必見の「NIKE WOMEN’S STUDIO」に注目

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpg

自分のライフスタイルに合わせて、スポーツやトレーニングが楽しめる「NIKE WOMEN’S STUDIO」。トレーニングスタジオを完備し、ライフスタイルや好みに合わせたトレーニングプログラムを作ることができるとあって、スポーツ好きはもちろん、いつまでもヘルシーにキレイでいたい女子たちから注目が集まっている。

その「NIKE WOMEN’S STUDIO」で提供される、パーソナルサービスやスタジオプログラムなどのエントリーがNIKE.COM/STUDIOでスタートしたよ。 トレーニングプログラムをスタッフがマンツーマンで提案するPERSONAL SERVICE(1日3名女性限定/予約制)や、友達と一緒に、好きな時に、好きなトレーニングができるMY GROUP SESSION(平日限定/女性5名から予約可)など、楽しみながらアクティビティができる。

すべてのプログラムが女性限定で、さらにNIKEトレーナによるサポートがあるから、トレーニングが苦手な人でも安心。アスリートやスペシャルゲストが参加するプログラムもあるからチェックして。

“俺は黒人の女性をいつもきれいだと思う” 「ヨウジヤマモト」がアフリカの民族衣装へのオマージュ

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpg

「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」の招待状となったLPレコードのレコード袋には“LOVE SONG”の文字。ショーの後にデザイナーの山本耀司へ「誰へのラブソングか」と尋ねると、「俺が作るのだから、女性たちに向けてに決まっているだろう」といつもの山本節が返ってきた。
山本の女性たちへの愛情の示し方は、寄り添い守るというよりも、“ひとりで歩け”と言わんばかりに突き放した態度だ。今回もモデルから連想するのは自分の足で立ち、歩く大人の女性だ。ほぼスカートに見える股下がとても長いサルエルパンツにロングの肩を少し落とした細身のジャケット。ファスナーを開けてスリットのような効果を出したロングスカート。バッグは持たずに、ポケットに手を突っ込み、路上を歩くようにランウエイを歩く姿は色っぽい。
“ストリート”が全盛の現在でも、「ヨウジヤマモト」のウィメンズのショーには、Tシャツやパーカ、ジョギングパンツといったアイテムはほとんど出てこない。しかし、“ストリート”をそれらのカジュアルアイテムの代名詞ではなく、“何にも束縛されない自由なスタイル”そして“路上が似合う服”と定義するなら、「ヨウジヤマモト」の服はまさに大人の女性のストリート服だろう。
中盤シーンが変わっての、色が登場したシリーズはアーティスト・朝倉優佳とのコラボレーションによるもの。  
最も印象的だったのは、最後のシーンだ。アフリカの民族衣装から着想を得たというラップスカートとカットソーを着た、肌が黒いモデルが5人登場した。頭にターバンのように布を巻き、足元は素足に草履。その理由を尋ねると山本はアフリカに住む黒人の美しさに魅了されたからだと説明した。「オリンピックの陸上競技などそれらの国の女性たちが走る姿を、いつもきれいだと思う。俺は人類の中でも黒人がきれいだと思うから今回はそれがやりたかった」という。振り返ればショーの冒頭を飾ったのも同じモデルたち。今シーズンの“LOVE SONG”は主に彼女たちに向けてのものだったようだ。

バロックジャパンが東証上場へ

アップロードファイル 8-1.jpg

バロックジャパンリミテッドは28日、東京証券取引所への新規上場が承認されたと発表した。上場日は11月1日の予定。同社は上場に際し「『バロック発のファッションブランドを日本発の代表的ファッションブランドとして世界へ飛躍させる』という壮大な目標に向けて今後も挑戦を続けたい」とコメントした。

 同社は2000年に創業。「マウジー」「スライ」などの人気ブランドによってガールズ市場をけん引し、その後「アズール バイ マウジー」「エンフォルド」なども成功させてきた。13年には中国大手の婦人靴チェーンである百麗国際(ベル・インターナショナル)が筆頭株主になり、新体制でグローバル戦略に舵を切った。16年1月期の連結売上高は687億円。国内に345店舗(8月末時点)、中国と香港に170店舗(7月末時点)を運営する。今月9日に「エンフォルド」、10日に「マウジー」がそれぞれ米国のニューヨークに初出店を果たした。

エスパドリーユのおしゃれなメンズコーデも

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

サンダルやスニーカーなどラフな履物に頼る機会が多くなる夏。足元を少し上品にまとめたい時には、エスパドリーユをセレクトするのがおすすめです。靴底に麻を用いた涼感のあるデザインで、爽やかな印象をキープできます。

そこで今回は、エスパドリーユのおすすめブランドと人気アイテムをピックアップしました。おしゃれに履きこなすためのコーディネート例もご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。
涼し気な足元を演出できるエスパドリーユは、夏にぴったりのカジュアルシューズ。多くのアイテムは留め具や靴紐のないスリッポンの形状をしており、スムーズな着脱が可能です。

素材も特徴的で、靴底にはジュートと呼ばれる麻素材が用いられています。通気性が高く、夏に素足で履いても快適です。なかには、足が触れる部分にジュートを採用し、アウトソールに合成底を用いたスニーカーに近い構造のモノも存在。

アッパーには、主にキャンバス地が使われています。しかし、最近では、エスパドリーユの人気の高さからレザーやメッシュなどの素材を採用したアイテムも数多く登場しています。
サンダルほどラフにならず、大人らしい着こなしにマッチするのがエスパドリーユの大きな魅力。特にアンクル丈のパンツとの相性が良好で、上品かつ爽やかなコーディネートが実現します。

ジャケットを用いたきれいめのコーデにも使えるエスパドリーユですが、フォーマルなシーンでは不向きです。リゾートでのラフな着こなしに合わせたり、街着に合わせるおしゃれ靴として着用したりと、あくまでカジュアルシーン向きの靴であることを認識しておきましょう。

コーデに馴染む落ち着いた色味のモノから、インパクトのある柄を配した個性的なモノまで、エスパドリーユのデザインはさまざま。購入前に自分のワードローブを見返し、手持ち服との相性を考慮しつつアイテムをチョイスしましょう。

どんなコーディネートにも合う汎用性を重視するなら、シンプルな無地のデザインがおすすめ。柄物のシャツやショートパンツとも難なく調和します。カラーはホワイト、ネイビー、ブルーなどが使いやすくおすすめです。

逆に、シンプルコーデのアクセントとして使うならポップなカラーや柄を取り入れたアイテムも検討したいところ。華やかなレッドやオレンジ、夏らしいボーダー柄などが人気です。
通常、かかとを踏んで靴を履くことはあまりないですが、エスパドリーユに限っては問題ありません。もちろんシーンを考慮した上での判断が必要ですが、ちょっとした外出やビーチで着用する場合には、サンダルのような感覚で履けて便利です。

ほとんどのエスパドリーユはかかと部分が柔らかく、つぶして歩けるよう作られています。ただし、素材や構造によってはかかと部分が傷みやすく、いざ普通に着用しようと思ったときにきれいな状態で履けないことも。購入前に、かかとを踏んで歩いても問題ないアイテムかどうかチェックしておきましょう。

「ガイモ」は、スペインで1978年に設立されたシューズブランド。エスパドリーユをメインに、靴底にジュートを用いたサンダル、ブーツなどを展開しています。特徴は、ハンドメイドによる優しい風合いと履き心地のよさ。日本では百貨店などでもガイモのアイテムを取り扱っており、注目を集めています。

大人の足元をさりげなく飾る、上品かつリラックス感のあるデザインのエスパドリーユです。アッパーはスエードの切り替えで素材感を強調。メリハリのあるカラーリングで、コーディネートのアクセントとしても活用できます。

靴底には、涼感があり歩きやすさにも配慮されたジュート巻きソールを採用。接地面には合成底が用いられているため、スニーカーに近い感覚で歩けます。汎用性も申し分なく、ワードローブに加えれば夏のヘビロテアイテムとして活躍する1足です。

かかと部分にストラップが付いた、サンダルタイプのエスパドリーユです。甲を覆う生地は、細いストライプ柄で爽やかな印象。ブラック、ベージュと落ち着いた色味がラインナップしています。

また、通常のエスパドリーユはサイズ選びがとてもシビアですが、本製品はバックストラップで調節できるので安心。靴擦れしやすい方にもおすすめです。街履きはもちろん、ビーチやリゾート地での観光にも重宝します。

トロピカルなプリントが目を引く、個性的な1足。無地Tシャツ×ショートパンツやポロシャツ×チノパンのようなシンプルコーデに投入するだけで、グッとおしゃれに仕上がります。

アッパーにキャンバス地、靴底にジュート巻きソールを採用したオーソドックスな仕様。かかと部分が柔らかく、かかとを踏んでの着用も可能です。夏コーデのアクセントとして使えるアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エスパドリーユで有名なブランド「カスタニエール」。1927年にスタートした老舗ブランドです。カスタニエールが躍進を遂げたのは1960年代に「イヴ・サンローラン」のエスパドリーユ製作を手がけたことから、一気に人気ブランドの仲間入りを果たしました。

スタンダードなデザインで、夏コーデに幅広く対応できるおすすめアイテムです。プルタブのトリコロールカラーが、ほどよいアクセントに。アッパーにはウォッシュ加工が施されたキャンバス地が採用されており、履き始めからこなれた雰囲気が楽しめます。

そして、足元をスッキリと見せてくれる美しいフォルムは、エスパドリーユを知り尽くした老舗ブランドならではの魅力。やや堅苦しさのあるジャケパンスタイルに合わせ、ハズしアイテムとして使うのもおすすめです。

おしゃれと快適さの両方を実現するエスパドリーユです。デザインはごくシンプルで、合わせる服を選びません。また、アッパーのキャンバス地は吸水速乾性に優れ、汗ばむ夏の蒸れを解消してくれます。

本製品はかかとに芯がないため、踏んで歩くことも可能。その他にも、着脱がスムーズなゴム入りの履き口、歩きやすいラバーの靴底など快適さを向上させる工夫が満載です。

カジュアルなエスパドリーユとは一線を画す、ドレス感満載の1足です。コインローファーのデザインとスエード素材を採用したアッパーは、革靴そのもの。春夏のきれいめスタイルにおすすめです。

しかし、あくまでも靴底はエスパドリーユ本来の作りで、通気性やジュートならではの涼感は健在。スマートな外観を保ちつつ、快適な履き心地が実現する優れモノです。オーソドックスなエスパドリーユを既に持っている方も、ぜひチェックしてみてください。

「ソルドス」は、2010年に設立されたシューズブランド。高感度なショップが立ち並ぶニューヨーク・ソーホー地区を拠点とするソルドスには、デザイン性の高いエスパドリーユが豊富に揃っています。インパクトがありつつも華美な装飾ではなく、上品かつ遊び心に満ちたデザインが魅力です。

シューレースを加えることで、よりカジュアルな表情へと進化したレースアップタイプのエスパドリーユ。その分、サイドが引き締まったフォルムでスタイリッシュさをプラスし、大人顔のアイテムに仕上げています。

カラーは夏コーデに馴染みやすいダークグレーとダークブルーの2色展開。スニーカーと同じ感覚でスタイリングできるため、エスパドリーユに初トライする方でもコーデに取り入れやすくおすすめです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ