記事一覧

Tシャツやジーンズとの組み合わせでカジュアルダウンしたモノトーンジャケパンスタイル

アップロードファイル 13-1.jpg

元々は、ポロという貴族向けスポーツのユニフォームとして誕生したポロシャツ。歴史的観点から見るとポロシャツはスポーツスタイルと合うデザインなのは言うまでもない。昨今では、スーツに合わせるスタイリングも注目を集めているが、あえてランニングスニーカー、ハーフパンツといったアイテムを組み合わせてスポーツテイスト溢れるアクティブなスタイリングを楽しんでみるのはいかがだろうか。モノトーンでまとめれば大人の色気漂うシックな雰囲気に。

ジャストフィットな黒Tシャツにワイドな黒パンツを合わせてAラインシルエットを表現したコーディネート。ホワイト×ブラックなどの色合わせでメリハリをきかせるのもモノトーンコーデにおいては有効な手段だが、アイテムのシルエットバランスで緩急をつけるのも一つの手だ。

ジーンズにクッションを作って立体感を表現したモノトーンコーデ
バンドカラーの白シャツにブラックジーンズを合わせたカジュアルスタイル。モノトーンコーデに抜け感を出したり動きをつけるのにロールアップを取り入れるのは定番中の定番だが、こちらのスタイリングではシャツの袖だけに留めてジーンズはあえてそのままに。足元にクッションを作って立体感を演出することで表情のある装いに仕上がっている。

白シャツ メンズコーデ特集!定番アイテムをこなし方で洒脱に見せたシャレ者達を紹介
大人の男にとって、ドが付くほどの定番アイテムといえば白シャツだろう。ドレッシーか...
ドレスシャツをタックアウトしてラフに仕上げたモノトーンコーデ
タックイン/タックアウトともに活用できるような、短めの丈に設定されたシャツがワードローブにあればコーディネートの幅が広がること間違いなしだ。ドレスシャツにスラックスを合わせたドレッシーなスタイリングだが、タックアウトを取り入れることで適度なラフ感を演出。足元にはコンバース×コムデギャルソンのチャックテイラーをセットしてアクセントに。

大胆なダメージ加工が施されたジーンズでブラックメインのモノトーンコーデに抜け感をプラスする
ブラックは熱を吸収しやすい色であることから、日差しの強い春夏シーズンは暑苦しい印象を与えてしまうこともあるため、ブラックをメインとした着こなしは要所に抜け感を出したいところ。ロールアップやホワイトアイテムの取り入れが定番だが、こちらのスタイリングでは大胆なダメージ加工が施されたブラックジーンズをボトムスにチョイス。ハードなダメージから露出した肌が涼しげな雰囲気を醸している。

白主体のモノトーンコーデは軽快感を演出できるものの、ともすれば輪郭がぼやけた印象になってしまうのもまた事実。そんな時はブラックアイテムの取り入れで着こなしを引き締めたい。白シャツに白パンツを合わせてクリーンを極めたスタイリングも、ブラックのモンクストラップシューズを足元にセットすればほどよく締まりのある装いに仕上がる。

イージー仕様のグレースーツにスリッポンスニーカーを合わせてエフォートレスに仕上げたモノトーンスーツスタイル
昨今では、スーツのスラックスにドローコードや伸縮ベルトを取り入れることで快適な履き心地を実現したイージーウェアの仕様を各ブランドが採用している模様。こちらのスタイリングではそんなイージースーツにエスパドリーユを組み合わせ。シックなモノトーンスーツスタイルもエフォートレスな印象に仕上がる。

暑さやムレが気になる夏シーズン。職場や職種によっては、夏場でもスーツを身に纏って...
ジレの取り入れで物足りなさをカバーしたモノトーンコーデ
Tシャツ一枚では物足りなさを感じる場合、ジレの取り入れは有力な選択肢になるだろう。Tシャツに羽織るだけでどこか気品のある表情を演出してくれる。下記の着こなしはブラックTシャツにブラックジレを合わせたシックなジレパンスタイル。ボトムはチャコールグレーのプリーツパンツにグレースニーカーを合わせてグラデーションを表現。

ジレ/ベストでメンズコーデを洒脱にアップグレード!
ジャケットのインナーとしてはもちろん、Tシャツやシャツの上に羽織ることでシンプル...
ダッドスニーカーの取り入れで旬なモノトーンコーデを作る
シックで都会的な印象を与えるモノトーンコーデに、昨今のトレンドシューズであるダッドスニーカーを取り入れて旬度を高めた装い。ダッドスニーカーとは、休日に父親がはくような絶妙な”ダサさ”が特徴のスニーカーだ。こちらのスタイリングで使っている「HOKA ONE ONE(ホカ オネ オネ)」のスニーカーは、メガスポーツブランドにないレア感とボリューミーなソールデザインが洒落者の間で人気を集めている。

シックにまとめたブラックデニムコーデにダッドスニーカーを取り入れて旬度を高める

ダッドスニーカーブームは終わらない!あの洒落者が着用しているスニーカーや注目モデルはコレだ
BalenciagaのTriple Sの登場から一気に人気に火がついた「ダッドス...
インプリーツが入った黒パンツでさりげなく英国テイストを加味したモノトーンコーデ
タイトフィッティングのポケットTシャツにインプリーツが入った黒パンツを合わせたモノトーンスタイル。今シーズン特に人気を集めるプリーツパンツ。インプリーツは英国のトラウザーズに多くみられるディテールだ。英国以外のトラウザーズはアウトプリーツが多い模様。

黒Tシャツに白パンツを合わせてメリハリのある表情を演出したモノトーンスタイル。あえて腕時計以外の小物を身につけないスタイリングが洗練されたムードを醸し出す。

切りっぱなしデザインのグレーTシャツをブラックアイテムで引き締めたモノトーンコーデ
切りっぱなしの袖口と裾がラフ感を与えるグレーTシャツに、ブラックデニムとサイドゴアブーツを合わせてスタイリングを引き締め。シンプルなアイテムだからこそ、ディテールへのこだわりでいかに個性を演出するかが洗練スタイルへの鍵だ。

グレーTシャツ×ブラックジーンズでグラデーションを表現したモノトーンコーデ
チャコールグレーのTシャツにブラックジーンズを合わせてグラデーションを表現したコーディネート。表裏が逆になったようなデザインのTシャツやさりげなくダメージ加工が施されたブラックジーンズのチョイスがエフォートレスな表情を演出。

NY生まれのシューズブランド“STEVE MADDEN”をブロガーがセルフコーデ!

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpgアップロードファイル 7-4.jpg

季節の始まりにまず手に入れたくなるトレンドシューズ。流行に敏感なナイロンブロガー達は、先月日本唯一のオンリーショップをラフォーレ原宿にオープンした話題ブランド“STEVE MADDEN”で今秋のニューシューズをゲット! 今すぐ気になるブロガー達の着こなしをクリックして、秋の足もとオシャレをアップデートして!

先着でオリジナルランチバッグをプレゼント!
STEVE MADDENのショップでスタッフに「NYLON.JPを見た」と伝えた人へ、先着でオリジナルランチバッグをプレゼント♡ 数量限定なのでお早めに!

STEVE MADDEN @ラフォーレ原宿 3F
open. 11:00 - 20:00
add. 東京都渋谷区神宮前1−11−6 ラフォーレ原宿3F
tel. 03-5786-1222
NYのストリートカルチャーをコンセプトにしたインテリアも魅力のひとつ♪

バックに施されたジップアップのブルーがアイキャッチ! 「秋定番のニットスタイルをシフォンスカートでガーリーに。足もとはエンジニアでハズしました。レザーが柔らかく、着脱しやすいジップアップデザインなのも◎」

エンジニアブーツ ¥27,300
(STEVE MADDEN/ジー・アール・アイ・ジャパン)

「折り返すと、中のオルテガ柄が見える技ありなデザイン。今日はヴィンテージのミリタリージャケットと合わせて柄×柄の組み合わせを楽しみました」。ポイントで効かせたヴィヴィッドピンクの小物使いも、おしゃれ感度高め!

折り返しブーツ ¥27,300
(STEVE MADDEN/ジー・アール・アイ・ジャパン)

レディに着こなす大人のインヒールスニーカー

「きれい目にもカジュアルにも合わせやすいシックなグレーがお気に入り♡ 落ち着いた色味だから鮮やかピンクのロンパースとのコーデも大人っぽくきまる」。ヘアチョークでスニーカーとカラーリングを合わせた小テクにも注目!

インヒールスニーカー ¥21,000
(STEVE MADDEN/ジー・アール・アイ・ジャパン)

秋色コーデをデザインブーツでエッジィに味つけ

ヒール部分のマットなゴールドと鋲デザインがオリジナリティたっぷり。「秋は断然シックな色味のコーデが気になる! 今日みたいなシンプルなスタイリングも足もとにこのブーツを持ってくるだけでグッとブラッシュアップできちゃう」

メタルアクセントブーツ ¥29,400
(STEVE MADDEN/ジー・アール・アイ・ジャパン)

ネイビーコーデにヒョウ柄でアクセントを

「トレンドカラーのネイビーを主役にヒョウ柄シューズでアクセントをプラス。フラットシューズだからコーデに抜け感を演出できる!」サイドのカッティングが脚をきれいに見せてくれるデザインで、この秋大活躍間違いなし!

レオパードフラット ¥16,800
(STEVE MADDEN/ジー・アール・アイ・ジャパン)

天然木に文字が浮かぶスマートコントローラー「mui」

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpg

リラックスできるインフォメーションデバイス!

必要な情報を得る手段は確保したいし、スマートホームの利便性も捨てがたいけれど、パーソナルスペースに常に情報があふれている状態は避けたいものです。「mui」を部屋に設置すれば、そんな難しい要望に応えてくれるかもしれません。

muiは美しい天然木を使ったスマートホームコントローラー。室内のIoT対応機器を操作するだけでなく、天然木のパネルに情報を表示させたり、メッセージを送受信したりできます。そして、必要がないときは表示が消えて周囲にそっと溶け込みます。

樹種はサクラやカエデなどで、仕上げはナチュラルとダークから選択可能。

上の画像で、水平方向に流れる柾目を垂直方向に横切る帯状の筋がいくつか見えています。これは「班」(ふ)と呼ばれる模様で、ギターのボディでも派手な斑紋が珍重されますが、muiの場合は班が多すぎ少なすぎない、ちょうどいい塩梅の材料を選んでいるとのこと。

美しい表面に触れると、すぐにデジタル表示が浮かび上がります。マイク、スピーカーを内蔵し、Wi-Fiでネットワークに接続。主な機能としては、時計/アラーム、タイマー、天気、メッセージ、ボイスメールなどがあります。

スマートフォンのアプリを通して、TwitterやFacebookなど、さまざまなWebサービスと連携します。また、Google HomeやAmazon Alexaといったスマートスピーカーにも接続可能。

muiはユーザーの生活空間に自然に溶け込みつつ、照明を調節したり、サーモスタットを設定したり、好きな音楽を流したりと、未来のスマートホームを体験させてくれます。

muiはKickstarterで499ドル(約5万6000円)からの出資枠を公開中。

ディスプレイの文字も、木という慣れ親しんだ素材を透かして見ると、驚くほど優しく感じます。muiは京都で開発されているそうですが、むやみに出しゃばらず、必要なときだけそっと手を差し伸べてくれる奥ゆかしさが、いかにも古都で作られたデバイスらしくて素敵ですね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ