記事一覧

エスパドリーユのおしゃれなメンズコーデも

アップロードファイル 5-1.jpgアップロードファイル 5-2.jpgアップロードファイル 5-3.jpgアップロードファイル 5-4.jpgアップロードファイル 5-5.jpg

サンダルやスニーカーなどラフな履物に頼る機会が多くなる夏。足元を少し上品にまとめたい時には、エスパドリーユをセレクトするのがおすすめです。靴底に麻を用いた涼感のあるデザインで、爽やかな印象をキープできます。

そこで今回は、エスパドリーユのおすすめブランドと人気アイテムをピックアップしました。おしゃれに履きこなすためのコーディネート例もご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。
涼し気な足元を演出できるエスパドリーユは、夏にぴったりのカジュアルシューズ。多くのアイテムは留め具や靴紐のないスリッポンの形状をしており、スムーズな着脱が可能です。

素材も特徴的で、靴底にはジュートと呼ばれる麻素材が用いられています。通気性が高く、夏に素足で履いても快適です。なかには、足が触れる部分にジュートを採用し、アウトソールに合成底を用いたスニーカーに近い構造のモノも存在。

アッパーには、主にキャンバス地が使われています。しかし、最近では、エスパドリーユの人気の高さからレザーやメッシュなどの素材を採用したアイテムも数多く登場しています。
サンダルほどラフにならず、大人らしい着こなしにマッチするのがエスパドリーユの大きな魅力。特にアンクル丈のパンツとの相性が良好で、上品かつ爽やかなコーディネートが実現します。

ジャケットを用いたきれいめのコーデにも使えるエスパドリーユですが、フォーマルなシーンでは不向きです。リゾートでのラフな着こなしに合わせたり、街着に合わせるおしゃれ靴として着用したりと、あくまでカジュアルシーン向きの靴であることを認識しておきましょう。

コーデに馴染む落ち着いた色味のモノから、インパクトのある柄を配した個性的なモノまで、エスパドリーユのデザインはさまざま。購入前に自分のワードローブを見返し、手持ち服との相性を考慮しつつアイテムをチョイスしましょう。

どんなコーディネートにも合う汎用性を重視するなら、シンプルな無地のデザインがおすすめ。柄物のシャツやショートパンツとも難なく調和します。カラーはホワイト、ネイビー、ブルーなどが使いやすくおすすめです。

逆に、シンプルコーデのアクセントとして使うならポップなカラーや柄を取り入れたアイテムも検討したいところ。華やかなレッドやオレンジ、夏らしいボーダー柄などが人気です。
通常、かかとを踏んで靴を履くことはあまりないですが、エスパドリーユに限っては問題ありません。もちろんシーンを考慮した上での判断が必要ですが、ちょっとした外出やビーチで着用する場合には、サンダルのような感覚で履けて便利です。

ほとんどのエスパドリーユはかかと部分が柔らかく、つぶして歩けるよう作られています。ただし、素材や構造によってはかかと部分が傷みやすく、いざ普通に着用しようと思ったときにきれいな状態で履けないことも。購入前に、かかとを踏んで歩いても問題ないアイテムかどうかチェックしておきましょう。

「ガイモ」は、スペインで1978年に設立されたシューズブランド。エスパドリーユをメインに、靴底にジュートを用いたサンダル、ブーツなどを展開しています。特徴は、ハンドメイドによる優しい風合いと履き心地のよさ。日本では百貨店などでもガイモのアイテムを取り扱っており、注目を集めています。

大人の足元をさりげなく飾る、上品かつリラックス感のあるデザインのエスパドリーユです。アッパーはスエードの切り替えで素材感を強調。メリハリのあるカラーリングで、コーディネートのアクセントとしても活用できます。

靴底には、涼感があり歩きやすさにも配慮されたジュート巻きソールを採用。接地面には合成底が用いられているため、スニーカーに近い感覚で歩けます。汎用性も申し分なく、ワードローブに加えれば夏のヘビロテアイテムとして活躍する1足です。

かかと部分にストラップが付いた、サンダルタイプのエスパドリーユです。甲を覆う生地は、細いストライプ柄で爽やかな印象。ブラック、ベージュと落ち着いた色味がラインナップしています。

また、通常のエスパドリーユはサイズ選びがとてもシビアですが、本製品はバックストラップで調節できるので安心。靴擦れしやすい方にもおすすめです。街履きはもちろん、ビーチやリゾート地での観光にも重宝します。

トロピカルなプリントが目を引く、個性的な1足。無地Tシャツ×ショートパンツやポロシャツ×チノパンのようなシンプルコーデに投入するだけで、グッとおしゃれに仕上がります。

アッパーにキャンバス地、靴底にジュート巻きソールを採用したオーソドックスな仕様。かかと部分が柔らかく、かかとを踏んでの着用も可能です。夏コーデのアクセントとして使えるアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エスパドリーユで有名なブランド「カスタニエール」。1927年にスタートした老舗ブランドです。カスタニエールが躍進を遂げたのは1960年代に「イヴ・サンローラン」のエスパドリーユ製作を手がけたことから、一気に人気ブランドの仲間入りを果たしました。

スタンダードなデザインで、夏コーデに幅広く対応できるおすすめアイテムです。プルタブのトリコロールカラーが、ほどよいアクセントに。アッパーにはウォッシュ加工が施されたキャンバス地が採用されており、履き始めからこなれた雰囲気が楽しめます。

そして、足元をスッキリと見せてくれる美しいフォルムは、エスパドリーユを知り尽くした老舗ブランドならではの魅力。やや堅苦しさのあるジャケパンスタイルに合わせ、ハズしアイテムとして使うのもおすすめです。

おしゃれと快適さの両方を実現するエスパドリーユです。デザインはごくシンプルで、合わせる服を選びません。また、アッパーのキャンバス地は吸水速乾性に優れ、汗ばむ夏の蒸れを解消してくれます。

本製品はかかとに芯がないため、踏んで歩くことも可能。その他にも、着脱がスムーズなゴム入りの履き口、歩きやすいラバーの靴底など快適さを向上させる工夫が満載です。

カジュアルなエスパドリーユとは一線を画す、ドレス感満載の1足です。コインローファーのデザインとスエード素材を採用したアッパーは、革靴そのもの。春夏のきれいめスタイルにおすすめです。

しかし、あくまでも靴底はエスパドリーユ本来の作りで、通気性やジュートならではの涼感は健在。スマートな外観を保ちつつ、快適な履き心地が実現する優れモノです。オーソドックスなエスパドリーユを既に持っている方も、ぜひチェックしてみてください。

「ソルドス」は、2010年に設立されたシューズブランド。高感度なショップが立ち並ぶニューヨーク・ソーホー地区を拠点とするソルドスには、デザイン性の高いエスパドリーユが豊富に揃っています。インパクトがありつつも華美な装飾ではなく、上品かつ遊び心に満ちたデザインが魅力です。

シューレースを加えることで、よりカジュアルな表情へと進化したレースアップタイプのエスパドリーユ。その分、サイドが引き締まったフォルムでスタイリッシュさをプラスし、大人顔のアイテムに仕上げています。

カラーは夏コーデに馴染みやすいダークグレーとダークブルーの2色展開。スニーカーと同じ感覚でスタイリングできるため、エスパドリーユに初トライする方でもコーデに取り入れやすくおすすめです。

ロンドンで競売に成功したカラオケ

Tiler Heuerとしての新たなCMの主役で、スーパーモデル・ディボーンが登場したロンドンでは、カメラマンのDavid Yarrowが撮影した「重圧の下に恐怖のない」CMのオリジナルポスターが競売されている。
濃密な宣伝写真が、勇気のないメッセージを伝える。カシイイは、咆哮をかけた雄ライオンの数メートルの遠くに立って、自信に満ちていた。Tiler Heuer(タイガー豪雅)の新たなCMの主役として、この超モデルが心を奮い立たせる力を見せてくれる。
独立、力、勇気:これは、TEC Heuer、競売会の主催者と前首席執行官は、クロード・ビフ(Jean-クラッシュBiバー)に伝えられる価値観である。ロンドンのMerdery GareryギャラリーにあるTEC Heuerのオリジナル印刷宣伝写真が120 , 000ポンドの価格を撮影しました。すべての収益は、カラオケ・ディボイファンドに寄付される。このファンドは、世界の若い女性の権利の発展に取り組む。
この特別な夜、カメラマンのDavid Yarrowとカラオケ・ディワイはまた、世界で最も危険な動物、ライオンの距離との距離を持つ2人の経験と、この特別な写真を撮った環境条件は、何の特効もありません。
勇気のないカラオケの「重圧の下に恐怖のない」広告は、新しい高度を持ち込んで、現代の若者の個性を示している。